Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

前田育徳会尊經閣文庫分館 花鳥画の世界Ⅱ-雪舟筆《四季花鳥図》を中心に- 2022年4月24日(日) ― 2022年5月22日(日)

概要

 Ⅰ期から展示中の重要文化財《四季花鳥図》は今期も引き続き展示されますが、今回はそれ以外の作品を2点紹介します。
ひとつめは《女三十六歌仙色紙及び雛図屏風》です。草花の茂みに群れる雉の上部に、平安時代から鎌倉時代の女性歌人36名を「歌合(うたあわせ)」として表されています。異なる時代の女性歌人たちを画面上で競わせた遊び心と華やかさを備えた作品で、右に式部内親王・俊成卿女・待賢門院堀川・宜秋門院丹後・嘉陽門院越前・二条院讃岐・後鳥羽院下野・殷富門院大輔・土御門院小宰相・八条院高倉・後嵯峨院中納言典侍など18名、左に小野小町・伊勢・中務・斎宮女御・右大将道綱母・和泉式部・紫式部・小式部内侍・伊勢大輔・清少納言など18名の歌と姿が描かれています。
 ふたつめは《鷹狩図絵巻》です。加賀藩の御用を務めた狩野派の絵師六代梅田九栄によるものです。春夏秋冬の四巻からなり、前期は春の巻を展示しましたが、今期は夏の巻を紹介します。夏の巻では、川に入り獲物を獲る人々の姿や、屋形船に乗って涼む人々の姿、捕らえた鳥を吊るす舟など、涼やかな川辺での様子が詳細に描かれています。春の景とは異なる光景をお楽しみください。
 その他、さまざまな鳥類を記録した《鳥画帖》も、場面替えのうえご紹介します。

展示作品リストはこちら

開催日時

2022年4月24日(日) ― 2022年5月22日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

前田育徳会尊經閣文庫分館

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

ページの最上部へ