Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

企画展 生誕150年記念 板谷波山の陶芸 2022年6月25日(土) ― 2022年7月24日(日)

概要

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

内側から光り輝くような、柔らかい色調による異国風の意匠。一分の隙もない整った姿。陶芸家・板谷波山が生み出した「葆光彩磁(ほこうさいじ)」の作品群は、今もなお私たちを魅了します。理想の作品づくりのためには⼀切の妥協を許さないという強い信念により、端正で格調⾼い作品を数多く手がけた波山は、近代日本陶芸の発展に大きく寄与し、昭和28年(1953)には、工芸家として初の文化勲章を受章しています。
明治5年(1872)茨城県下館(現・筑西市)に生まれ育った板谷波山(本名:嘉七)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)で彫刻を学びました。石川県工業学校(現・石川県立工業高等学校)に彫刻科の教員として赴任した後、窯業科創設に際し同科で教鞭をとり、本格的に陶芸を始めています。また波山芸術の礎である、器の成型を担当した現田市松(げんだいちまつ)は、石川県小松市の出身であることから、石川県は波山と縁の深い土地と言えるでしょう。
生誕150年を迎える節目の年に開催される本展は、より多くの人々に、波山の類まれなる芸術世界を紹介するものです。

チラシおもて チラシうら

展示作品リストはこちら

関連行事

■講演会「板谷波山~近代陶芸界における役割とその成果」
日時:6月25日(土) 13:30~15:00
会場:石川県立美術館 ホール
講師:荒川 正明 氏(学習院大学教授 展覧会監修)
*聴講無料、申込不要

■土曜講座「波山と石川」
日時:7月9日(土) 13:30~15:00
会場:石川県立美術館 講義室
講師:奈良 竜一(石川県立美術館 学芸主任)
*聴講無料、申込不要

■映画上映会「HAZAN」
日時:7月10日(日)13:30~15:20
定員:100名(予定)
会場:石川県立美術館 ホール
 *参加無料、要申込 
〔詳しくはイベントページをご覧ください〕

※感染症の状況により内容を変更する場合がございます。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

開催日時

2022年6月25日(土) ― 2022年7月24日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第7展示室、第8展示室、第9展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 1000円 800円 無料 800円
団体 800円 600円 無料 800円

※団体は20名以上。県立美術館友の会会員、65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
※身体障がい者・精神障がい者保健福祉・療育手帳をお持ちの方、またはミライロIDをご提示の方および付き添いの方1名は観覧無料

関連団体・企業
主催 石川県立美術館
特別協力 北國新聞社
後援 NHK金沢放送局、MRO北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送
協力 筑西市、公益財団法人波山先生記念会、廣澤美術館
企画協力 株式会社キュレイターズ

作品紹介

重要文化財《葆光彩磁珍果文花瓶》1917年 泉屋博古館東京蔵
重要文化財《葆光彩磁珍果文花瓶》1917年 泉屋博古館東京蔵ほこうさいじちんかもんかびん
《彩磁瑞花祥鳳文花瓶》1916年 MOA美術館蔵
《彩磁瑞花祥鳳文花瓶》1916年 MOA美術館蔵さいじずいかしょうほうもんかびん
《青磁蓮華文水差》大正前期 板谷波山記念館蔵
《青磁蓮華文水差》大正前期 板谷波山記念館蔵せいじれんげもんみずさし
《彩磁蕗葉文大花瓶》1911年頃 廣澤美術館蔵
《彩磁蕗葉文大花瓶》1911年頃 廣澤美術館蔵さいじふきはもんだいかびん
《葆光彩磁牡丹文様花瓶》1922年 東京国立近代美術館蔵
《葆光彩磁牡丹文様花瓶》1922年 東京国立近代美術館蔵ほこうさいじぼたんもんようかびん
《彩磁沢瀉花瓶》1901年頃 東京藝術大学蔵
《彩磁沢瀉花瓶》1901年頃 東京藝術大学蔵さいじおもだかかびん
《葆光彩磁草花文花瓶》1917年頃 石川県立美術館蔵
《葆光彩磁草花文花瓶》1917年頃 石川県立美術館蔵ほこうさいじそうかもんかびん
《少年・少女像》1898-1903年頃 石川県立工業高等学校蔵
《少年・少女像》1898-1903年頃 石川県立工業高等学校蔵しょうねんしょうじょぞう
板谷波山
板谷波山

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ