Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

予告 展覧会

コレクション展 優品選 近現代工芸 2023年2月11日(土) ― 2023年3月22日(水)

概要

 今年度最後の近現代工芸・優品選では、待ち遠しい冬から春に向けてみられる風景、自然の草花などを中心にご覧いただきます。
 それぞれ材質別に冬を感じるものから春へと季節を感じられる表現の作品展示となっていますが、壁面ケースでは染織を中心にパネルと着物というそれぞれの形態の異なる染めでの表現に注目ください。作品はパネルでは堀友三郎《春の風》や成竹登茂男《華》、着物では羽田登喜男《友禅白地洋蘭花車文振袖「幸のおとずれ」》や白坂幸蔵《友禅訪問着「春を待つ」》ほかを。モチーフの配置の違いや、それぞれに持っている迫力のあるデザイン構成の美しさをお楽しみいただけます。
 また中村研一《八重椿図皿》《紅白梅皿》ほか、陶磁では椿や梅など春の草花の表現を中心にそろえてみました。季節の流れに咲く花の色、暖かさ、強さなど、同じ花
でもそれぞれの表現の違いをお楽しみいただけます。
 漆工では寺井直次《金胎蒔絵水指「梅」》、小松芳光《早春潺々盆》や藤井観文《片切沈金彫春秋花文飾筥》ほかを。截金では西出大三《截金彩色油色「花の合子」》《截金彩色「立雛」》2点を展示します。目を見張る細かな模様から放たれる華やかな金彩作品をじっくりとご覧いただきたく思います。このほか木村雨山の《紅白梅図》が展示室を春色に彩っております。木村雨山が染色としてでは無く、日本画で表現した紅白梅をあわせてお楽しみください。

開催日時

2023年2月11日(土) ― 2023年3月22日(水)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第5展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

ページの最上部へ