Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:08032200緊張の刻きんちょうのときTence moment.

作家名
白尾勇次 / しらおゆうじ / SHIRAO Yu^ji
制作年
1986年/20世紀/昭和(戦後)
サイズ
縦 130.2 × 横 193.8
テーマ
幾何文様
その他
  • [形状]額装
  • [材質]キャンバス
  • [数量]1面
  • [技法]アクリル
作品解説
緊張の刻:白尾勇次/作者はキャンバスにアルミニュウムを貼り付け、画面を構成することでも知られるが、本作は克明に描写した作品である。コンクリート壁、あるいは巨大なブロックに女性の影が映り、一本の縄が壁体からピンと張りつめて対角線を走っている。このモノトーンの世界で唯一実在感を持つのはこの縄である。したがってその影は光源の位置を教え、そして画面に奥行きを与えてもいる。コンクリートに対して張りつめられた縄はあまりにも無力と感じられるが、それゆえに緊張感をはらんでもいる。女性はその成り行きをじっと見つめているのであろう。
初出展覧会
第12回日本国際現代美術家協会展
受賞歴
国際芸術文化大賞
ページの最上部へ