Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:02013900金胎蒔絵漆箱「飛翔」きんたいまきえうるしばこひしょうBox decorated with maki-e on metal body as "Flying".

作家名
寺井直次 / てらいなおじ / TERAI Naoji
制作年
1988年/20世紀/昭和(戦後)
サイズ
幅 15.7 × 奥行 21.4 × 高 21.4
その他
  • [形状]箱
  • [数量]1合
  • [技法]蒔絵/卵殻
作品解説
金胎蒔絵漆箱「飛翔」:寺井直次/作者独自の工夫によるアルミニウムを使った金胎素地に、水辺を飛び立って大きく羽を広げて丹頂鶴が飛翔してゆく様を、主に卵殻技法を中心に、嘴には金平文を、波に青貝を使うなどして表現している。丹頂鶴の白い姿態の気高さと、空間の広がりと静寂が漆黒の地に見事に構成されている。なお、制作行程が文化庁により記録撮影されている点でも貴重な作品である。
ページの最上部へ