Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

[重要文化財]No:03007700緑地桐鳳凰文唐織みどりじきりほうおうもんからおりHanging-scroll design with cranes, pine, and bamboo in yuzen-dyeing

制作年
17世紀/桃山~江戸/桃山~江戸
サイズ
丈 145 × 裄 72.3
その他
  • [形状]能装束
  • [数量]1領
  • [技法]織物
作品解説
重要文化財 緑地桐鳳凰文唐織 能装束/藍味をおびた緑地に、桐・鳳凰文様を、白・浅葱・萌黄・納戸・紺・黄・紅などの絵緯で織り出している。文様は、4株の桐と同じ向きの2羽の鳳凰を1パターンの図柄とし、これを反転し連続させて正逆2段2列を1単位とする文様構成である。大きく広がった桐と、翼をいっぱいに広げ大地をしっかり踏みしめた鳳凰は雄大で、桃山時代の特色をよく伝えた唐織である。
ページの最上部へ