Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:04005800銀象嵌丁字散文鐙 銘加州金沢住氏政作ぎんぞうがんちょうじちらしもんあぶみPair of stirrups with design of radishes in silver inlay.

作家名
氏政 / うじまさ / Ujimasa
制作年
18世紀/江戸
サイズ
幅 13 × 奥行 26.5 × 高 25.3
その他
  • [形状]鐙
  • [数量]1双
  • [技法]象嵌
作品解説
銀象嵌丁字散文鐙:氏政/紋板の外側に銀象嵌で「加州金沢住氏政作」と銘がある。作者の氏政については、勝木氏家系の四代・五代、金子氏政系の初代・二代・三代が知られているが、どの氏政にするかは断定できない。鳩胸から笑にかけて植物である丁字の蕾を図案化した文様を散らし、舌裏は葡萄文を象嵌するが鉄と銀の色の対比が美しい。紋板は正方形を横2列、縦3列に透かし、母衣穴を開ける。なお踏込は最も一般的である朱漆とする。
ページの最上部へ