重要

VRシアターのご案内

所蔵品検索:詳細

所蔵品のご案内Collection

No:02000600堆朱布袋図香合ついしゅほていずこうごうIncence case with design of Hotei (Pu-tai) in cinnabar lacquer curving.

作家名
村上九郎作 / ムラカミクロサク / MURAKAMI Kurosaku
制作年
1916年/20世紀/大正/頃
サイズ
胴径 8 × 底径 6.8 × 高 2.7
その他
  • [形状]香合
  • [数量]1合
  • [技法]堆漆
作品解説
彫漆とは、漆を何層にも厚く塗り重ねてから、文様を彫り込む技法。とくに中国の元・明代に優品が多い。日本では、室町将軍家にまとまった数が贈られて以降、茶道具・座敷飾りなどとして珍重された。色漆の色や塗り重ね方によって、堆朱・堆黒など
呼び名が異なる。漆を100回塗り重ねても、その厚みは約3mm程度と言われている。