重要

早朝開館、夜間開館のおしらせ

展覧会

前田育徳会尊經閣文庫分館

重要文化財 周文《四季山水図》と中国の絵画論

-尊經閣文庫の漢籍から-

 「花鳥」「人物」「山水」と、絵の画題はさまざまありますが、中国においてもっとも重要視された画題は、水墨で描かれた「山水」です。それは実景として描かれたというよりも、むしろ理想郷として描かれる光景で、人々はその空間に隠遁することを憧れとしました。その「理想郷としての山水」をいかに描くかについて、中国ではさまざまな「画論」の中で語られ続けてきました。本特集では、前田育徳会尊經閣文庫が所蔵する漢籍の中から、こうした絵画論を解説しながら、周文の《四季山水図》をはじめ前田育徳会を代表する中国絵画を紹介します。
 唐の時代に記された王維の『山水論』には、「山水」を描くには、筆先にもっともその気持ちを込めなくてはならず、遠い樹木には枝はなく、遠い山には石はなく、隠隠とした眉のようであると記されています。山は樹木を衣とし、樹木は山の骨となる。樹木は繁りすぎてはいけない。山の美しさ、樹木の精神を現すべきとされ、これをよく描いたものが「優れた山水」というのです。
 周文の《四季山水図》は、中国の宗元画の影響を受けて、遠景には高くそびえる険しい山肌を、近景には樹木の生えた低い岩肌を描きます。左隻の左側に描かれた冬へと向かう景色の移ろいが、叙情的に描かれています。
 周文は著名ながらも真筆と確認できる作品は少なく、本図は貴重な作品です。右隻の右下、左隻の左下には「周文筆 探幽斎記」と、狩野探幽による極めが記さています。

基本情報

会期

2024年7月31日(水)~ 2024年8月25日(日)

開館時間 9:30~18:00(展示室への入室は17:30まで)
休館日 会期中無休
観覧料

一般:370円(290円)、大学生・65歳以上:290円(290円)、高校生以下:無料

  • 高校生以下無料。( )内は20名以上の団体料金。県立美術館友の会会員、65歳以上の方は一般 団体料金。
  • 身体障がい者・精神障がい者保健福祉・療育手帳をお持ちの方、またはミライロIDをご提示の方および付き添いの方1名は観覧無料

各種割引・優待

会場 前田育徳会尊經閣文庫分館