Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:06002700竹一重切花入たけいちじゅうぎりはないれVase, in bamboo

作家名
金森宗和 / かなもりそうわ / KANAMORISowa
制作年
17世紀/江戸
サイズ
胴径 11.2 × 高 31.2 × 0
その他
  • [形状]花入
  • [材質]竹
  • [数量]1口
作品解説
竹一重切花入:金森宗和/金森宗和は、小堀遠州に師事し、「姫宗和」といわれる宗和流の茶風を形成した。また宗和の子七之介が加賀藩三代前田利常の御茶頭として招かれて以来、六代にわたってつとめた関係から、宗和流は加賀にも発展している。この一重切は佗びた端正な作りが美しい。箱書付に「截工、一重筒、金森宗和」と記され、宗和から七之介に宛てた書状が添えられている。
ページの最上部へ