Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:07013000咆哮ほうこうRoaring

作家名
木島桜谷 / このしまおうこく / KONOSHIMA O^koku
制作年
1902年/20世紀/明治
サイズ
縦 155 × 横 361.2
テーマ
動物
その他
  • [形状]屏風
  • [材質]紙本
  • [数量]6曲1双
  • [技法]著色
作品解説
咆哮:木島桜谷/咆哮とは、獣が吠え猛るという意味であり、この作品では、右隻の虎の姿に象徴されている。6曲1双の大画面に、どう猛な3頭の虎が唸りを立てて群鹿を威嚇している情景を、画面の対角線を利用した大きな山なりの安定した構図の中に配している。また、墨と限られた色彩によって描かれた動物たちには、輪郭線を用いない没骨体の描法が見られる。幅の広い刷毛状の筆なども使い、大きな色面によって形態を大胆に把握しながら、洗練された線描を加えることで、巧みに対象を把握しているのである。
初出展覧会
第8回新古美術品展
受賞歴
二等一席
ページの最上部へ