Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:02004300平文薄の棚ひょうもんすすきのたなShelf with design of pampas grasses in hyomon.

作家名
大場松魚 / おおばしょうぎょ / O^BA Shogyo
制作年
1978年/20世紀/昭和(戦後)
サイズ
幅 94 × 奥行 35 × 高 59.3
その他
  • [形状]棚
  • [数量]1基
  • [技法]蒔絵/平文
作品解説
平文薄の棚:大場松魚/大場が平文をいかに自在に操ったかを示す作品が、《平文薄の棚》である。薄の輪郭線はすべて金平文で、交差する部分が密着するよう、作業は一気呵成に行われたという。所々に真珠の露を置き、穂先には粗い金平目粉を蒔く。棚は前後いずれにも開く古い様式で、左右の小さな抽斗も両側から出し入れできる。側板には鈴虫が表され、扉を開くと秋野の光景が一面に広がる仕掛けである。材は桐で、支柱のみチークに直接漆を塗ったという。
初出展覧会
第25回日本伝統工芸展
ページの最上部へ